内臓脂肪をサプリメントで効率的に減らす方法

内臓脂肪を減らす方法

最近お腹がポッコリ出てきてしまった、健康診断で内臓脂肪の多さを指摘されてしまった、そんな時に頼りたいのが、脂肪の代謝を高めるサプリメントです。

中でも、DHAとEPAのサプリは血行を促進し、細胞にどんどん栄養を届けて代謝するため、溜まった脂肪もエネルギーとして消費しやすくしてくれるんです。

では、その詳しいメカニズムをここで紹介したいと思います。

血液をサラサラにする作用が内蔵脂肪を燃やす

まず、DHAとEPAには血液をサラサラにする作用があります。これは、血球や血管を柔らかく保つ作用から、血液が流れやすくなるという事ですね。

また、この効果のおかげで栄養が全身の細胞の隅々まで素早く届く事になり、脂肪や糖もガンガン消費されるようになります。

同じ理屈で、内蔵脂肪のほか中性脂肪やコレステロール値が下がる作用も期待できますよ。

参考ページ:健康診断で中性脂肪が高いと言われた時の対処法

参考サイト:中性脂肪を下げるのにDHAやEPAが最適な理由(出典:サプリマガジン)

内蔵脂肪や体脂肪は、摂取しすぎなどの理由で代謝できなかったカロリーが脂肪細胞に貯金された状態です。DHAやEPAの力で血液がサラサラになってエネルギーが消費されれば、その余分な脂肪貯金が使いきれるというわけですね。

もちろん、サプリメントだけで内蔵脂肪を減らすのは難しいので、運動や食事の改善も大切です。運動や食事改善の努力をかなりサポートするのがDHA・EPAサプリの作用なんですね。

DHAやEPAのサプリを使ったダイエットの注意点

このように、不要な内蔵脂肪をガンガン燃やしてくれるDHA・EPAサプリですが、血液がサラサラになるので血が止まりにくくなる可能性があります。

なので、月経が重い人や大出血するような怪我をした人、すでに脳や心臓の治療で血液をサラサラにする薬を処方されている人にはちょっとオススメできない部分があります。

自分は大丈夫かな?と思ったら、お医者さんに相談してからサプリを選ぶと良いですね。

内蔵脂肪を減らすならEPAの多いサプリがオススメ

とは言え、DHA・EPAサプリもかなり多くの種類が発売されています。その中から自分に合う商品を見つけるのは、なかなか難しいですよね。

そこで選ぶ時ヒントになるのが成分の分量です。特に内蔵脂肪を減らしたい人の場合はEPAが多めのサプリ選ぶのがベストです。

DHAとEPAなら、EPAのほうが脂肪を減らす力が強いからですね。DHAは脳を活性化させたり、目の健康維持に良い働きがあるので、上手に使い分けると良いでしょう。