DHAが物忘れ対策に良いって本当?

DHAは物忘れ対策として有効な栄養素ですが、その理由として、直接的な理由と間接的な理由があります。

まず直接的な理由ですが、脳の細胞を活性化させるからです。人はどうしても老化によって体、そして脳の機能が衰えますが、脳細胞を活性化させることで脳の老化をゆるやかにすることができるのです。

間接的な理由は、糖尿病・高血圧・肥満を予防するからです。これらの病気や症状は認知症へと繋がってしまうので、防ぐことによって脳機能も守ることになるのです。

ただ、DHAを摂取していれば物忘れや認知症を完全に防げる訳ではありません。脳は筋肉と同じで使わなければ衰えていくという性質があるので、いくら栄養を摂ったところで常に脳を使う努力をしないと意味がないのです。

逆に、DHAを常に摂取しているからと言って他に何も努力をしないと、無駄になってしまうと言っても過言ではありません。このように物忘れ対策という観点ならば、脳を使いつつ栄養補給することが重要です。

DHA・EPAはどれくらい摂取したほうが良いの?

DHAとEPAともに、健康を維持するために欠かせない成分となっているために積極的に摂取することが求められていますが、その摂取量が過剰になってしまうと体に良くないと言われています。

厚生労働省ではDHAとEPAを合わせて1gを1日の目標摂取量として掲げています。なぜならば、3g以上とってしまうと下痢や吐き気などの症状がでてしまう可能性があることが分かっているからです。

食品からだけではなくサプリメントからも摂取している場合も、過剰な量の摂取量にならないように注意をすることが必要です。

また、薬を服用している場合も注意しなければなりません。DHAとEPAには血圧低下作用があることが確認されているので、血圧を下げる薬を飲みながら摂取している場合、薬との相乗効果で血圧が下がりすぎてしまわないように気を付けなければなりません。

このように、自分の体に良いと思っても、適量をこえてしまうと体に悪影響となってしまうので気を付けることが大切です。