DHAとEPAって何が違うの?

DHAとEPAの違いをご存知ですか?どちらも体に良い・魚由来と言うことしか知らない人が、多いのではないでしょうか。

どちらにも、コレステロール値の上昇を抑える働きがあります。また中性脂肪を低下させる働きもあり、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。アレルギーの緩和にも効果が期待できます。特にアトピー性皮膚炎に関しては、実験でも有効性のある結果が出ています。

あえて違う点を言うと、DHAは脳に良い働きをするので、記憶力が向上します。痴呆症の予防や改善の効果もあります。視力が良くなる効果もあります。また、関節リウマチの症状を緩和する効果もあります。

一方、EPAはDHAより血液や血管を健康にする効果が高くなっています。そのため高血圧や動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞を予防する働きがあります。

両方を効率的に摂取することにより、より効果が高くなります。但し過剰に摂取しすぎると、下痢や吐き気、血が止まりにくくなるという副作用があるので気を付けてください。

DHA・EPAと一緒に摂取したほうが良い栄養素って?

DHAやEPAとは、青背の魚などに含まれているもので、不飽和脂肪酸の一種です。これらは、病気の予防などに効果があり、摂取することによって健康を維持していくことができるものであると言えます。

生魚を食べると摂取しやすいと言えますが、DHAやEPAは、非常に酸化し易い物質であるため、時間が経過すると体内に摂取することができる量が減少していきます。そこで、より体内へ摂取することができるようにするために、一緒に摂取すると良い栄養素が存在します。

一緒に摂取すると良い栄養素の代表に、ビタミンEが挙げられます。ビタミンEは、抗酸化力を持った栄養素で、一緒に摂取することで、EPAなどの酸化を防ぐことができます。そのため、一緒に摂取することによって、摂取量を損なうことなく、体内へ届けることが可能になります。

ビタミンEだけでなく、ビタミンCやβ-カロテンなども抗酸化力を持っているため、一緒に摂取すると良いと言えます。